葉酸というビタミンに属する栄養素をご存知でしょうか。ビタミンA,B,Cのように一般的によく知られてはいませんが、葉酸もビタミン群の一種でビタミンMとも呼ばれています、ビタミンは水溶性と脂溶性に性格上分類されていますが、葉酸は水溶性ビタミンに分類されている栄養素です。

葉酸は、 ホウレン草の葉に中から1941年に発見された比較的新しいビタミンであり、ほうれん草の葉のラテン語のfoliumを語源としており、葉酸(folic cid)と名付けられたそうです。

葉酸は、細胞分裂の際に必要なDNAの合成に不可欠なビタミンであることから、妊娠を希望する女性は妊娠する3ヶ月前から葉酸を摂取するよう厚生労働省からも勧められています。別のパートで紹介しますが、神経管閉鎖障害を防ぐという大切な働きをすることがわかっています。

葉酸の成分は、ホウレン草などの葉物野菜やイチゴ等の果物、動物のレバーに多く含まれているので、食事の際には積極的に葉酸摂取の目的のため野菜や果物を食べるようにしましょう。

しかし、葉酸という成分は、水溶性ということもあり、調理で失われることもわかっています。緑黄色野菜や果物などを加熱調理したり、長期間保存しておくことによって酸化を起こし、それらの野菜に含まれている葉酸が減少してしまいますから、新鮮な生野菜サラダやフルーツが効果的に葉酸を取ることのできるメニューとされます。

また、生活習慣の中でも、多量に飲酒をすることでが葉酸の吸収を妨げ健康のためにもよくありません。一般的には、どんなに体に必要で、良いといわれる成分のものでも過剰摂取はよく無いと言われていますが、葉酸は、水溶性のビタミンなので1日量よりも多めに摂ってしまった場合でも余剰分はおしっこや汗などで自然に体外に排出されますので、食品から葉酸を取り込む場合には、それほど神経質になる必要はありません。かえって不足するほうが良くありませんので、食材からの摂取はできるだけ多く取り入れるように心がけて下さい。

近年、葉酸は、ガンの予防やその他の疾病に大きな働きをすることが分かってきています
どうぞ安心して野菜や果物から摂取されることをオススメいたします。