葉酸の働きは、赤血球を作ったり、DNAを構成する核酸の合成をしたりします。男女ともに非常に身体に必要な栄養素でもあります。

不足すると貧血になったりしますし、妊娠中のお母さんにとっては赤ちゃんに様々な影響を与えてしまうのでしっかりと摂る必要があります。

妊娠を希望する女性は、一日に400マイクログラム摂るのが理想で、妊娠中の方は一日に600マイクログラム、授乳中には一日に500マイクログラム必要だといわれています。

 

一日に必要な葉酸の許容範囲の上限は1000マイクログラムです。

女性だけに必要な栄養素ではなく男性も摂るのが望ましいです。妊娠出産に関係なく、成人の男女にとっても一日に200マイクログラムは摂りたいものです。

 

一般的には取り過ぎはよくないとはいわれますが、葉酸は水溶性のビタミンなので、たとえ過剰に取り過ぎたとしても腎臓から尿となって排出されてしまうため、あまり過敏になって摂取量を気にすることもありません。

 

他に葉酸は、乳がんを抑制したり、痛風に効き目があったり、アルツハイマーの予防や、心疾患など効果があるというデータが出ています。

中高年になって様々な病気を発病する人は多いですが、普段から葉酸についての正しい知識や取り入れ方を学んでおくといいでしょう。

 

葉酸は、病気にかかってから急に摂ってもすぐには効果が出るわけではありませんので、日頃から食生活を見直してバランスの取れた献立、葉酸が多く含まれる野菜を積極的に取り入れていく事が大切です。

何事も積み重ねていく事で身体は丈夫になり、自分でしっかりとケアしていけば病気にかかりにくい体質になっていくことだと思います。