美的ヌーボの葉酸サプリメントをおすすめするのは、品質と成分の量と種類が多い点です。
ビタミン類やミネラル類の種類が豊富で、これを飲んでいたら足りない成分は少ないだろうと安心できます。

また、自分で飲んでみて体調の違いを実感できたことも大きいです。
この違いを感じたのが自分だけなのかと思って、あちこち口コミを見てみると、同じような方が多く評価が高かったです。

アメリカ製なので、粒が大きいのですが、そこがひとつ慣れないと飲みにくい欠点かもしれません。
割って飲むという手もありますが、割ると角ができてしまい喉に刺激を感じますので、どうしても飲みにくい方は、
スプーンなどで潰したほうが良いでしょう。

あなたも、この手のサプリメントの製品の品質は、日本製がNo1だと思っていませんか?
安心できるものは日本製で、アメリカ物はちょっと信用出来ないとか・・・?
そう思われている方は、意外と多いと思います。実際私も以前はそうでした。

いろいろ調べていく内に、その考えが変わったのです。

それをお話する前に、日本はどうなのかと考えてみましょう

食パンに付けて食べる「マーガリン」がありますよね。植物性原料で動物性原料よりイメージとしては、健康に良さそうですが、
植物性の原料、いわゆる油を固めるために「トランス脂肪酸」が使われています。

欧米では、健康のために使用不可になってる物です。
お菓子などに使われている「ショートニング」もあります。

国内産は、イメージとして安全な気がしますが、よく見ると注意しなければいけない点もあるようです。
サプリメントとは健康食品と言われるように医薬品でなく食品なので基準が一段下です。
日本は、添加物には基準があまいものもあるのが現実です。この辺りは一度調べて見られると良いかもしれません。

では、アメリカ製のサプリメントに話を戻しますが、あなたは、アメリカがサプリメント大国だということは聞かれたことがあると思います。
実際いろいろなドラマや映画などでも飲んでいる所を見かけたりします。

なぜそんなにサプリメントを多用するのか、食事で野菜など摂る量が少なかったり、肉を多く食べたり偏りを防ぐためかもしれませんが・・・

1番は、病気にならないために摂っているのです。健康の自己管理です。
アメリカの医療費は公的な保険がなく個人保険で医療費を払います。

盲腸の手術で700万かかるらしいです。日本は高額医療費は、保険から出ますので入院のベッド代などを除いて数万円ではないでしょうか
アメリカの医師は、患者へ保険加入の確認と保険会社へ医療費支払いの確認をするそうです。

そのような環境なので、医療費が高いから病気にならないように、サプリメントで補えるものは補うとの考えなんです。

アメリカでは、日本の厚生労働省にあたるFDAという政府の機関があります。

アメリカ食品医薬品局(アメリカしょくひんいやくひんきょく、Food and Drug Administration; FDA)は、アメリカ合衆国の政府機関であり、食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政をおこなう。

このFDAがサプリメントの製造許可を与えたり製品の検査を行ったりしています。
日本よりも厳しいと言われています。

また、民間でもサプリメントの独自検査を行っている企業があります。
コンシューマーラボという会社で有料会員に自社で分析したサプリメントの結果を公開しています。
これにより、高品質なサプリメントを選ぶことが出来るようになっています。

このようにアメリカの基準はしっかりとしていますので問題ありません

>>葉酸の効果を詳しく解説しているサイト